ブラックリストもしかして? 30代独身男性の悩み

2007年07月25日

ブラックリストもしかして?

30代独身男性に多い悩みの一つが、お金の問題です。

収入が不安定なために、結婚に踏み切れないという場合も少なくないですね。収入が不安定どころか、多くの借金を抱えている場合もあります。

すでに多くの消費者金融から借金があり、ブラックリストかも(?)という人もいます。

ブラックリストとは何かというと、よく「ブラックになるとお金が借りれなくなる」と言われますね。消費者金融においてブラックとはブラックリストに掲載されることを指し示しています。

それではブラックリストという名簿は本当に存在するのでしょうか? そして本当にお金が借りられなくなるのでしょうか?


じつは、異動情報と呼ばれるものがあり、これがすなわちブラック、もしくはブラックリストのことを指します。

日本の個人信用情報機関では、債務不履行や延滞になった債権の情報について「異動情報」と呼び、消費者金融の融資において、重要な判断基準となるのです。この異動情報に載っていた場合は、数年間融資が受けられないというペナルティを課している消費者金融がほとんどなのです。


この異動情報に載る、具体的な条件はどのようなものでしょうか? 

これは本来の支払い予定日から「3ヶ月間支払いが滞る」と異動情報が個人信用情報期間に登録されます。その後、延滞を解消し、支払いを済ますと、「延滞解消」という情報が1年間記録として残ります。この情報は5年間「参考情報」として残るため、「延滞解消」したとしても「参考情報」が消えない限り延滞と同じ扱いを受け審査は通りません。


個人信用情報機関に延滞情報が登録されている申込み者は、どのような事情があっても、融資の審査はほぼ通りません。

消費者金融業者は「全情連」と呼ばれる個人信用情報機関に加盟して情報を共有しています。

銀行や信販会社もそれぞれ信用機関に加盟しており、信用機関同士で延滞情報の共有をしていますが、消費者金融の業者は銀行や信販会社の延滞情報は、調べません。逆に消費者金融による延滞情報が載った場合は、信販会社や銀行はほぼ融資が通りません。

金融に対しての知識、借金とか、貯蓄とか、お金に対する知識をしっかり持つことも、30代独身男性には願われているように思います。

posted by Ken at 21:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | お金の悩み
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49200096

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。