30代独身男性の悩み

2007年08月22日

全労済

全労済とは、昭和51年に全国規模の労働組合によって組織された、職域生協、そして各都道府県ごとの地域生協を合わせた、全国組織の連合会として生まれたものです。

そこで、共済事業は、すべて組合員に限られています。言ってみれば、労働者の生活を守るための保険であると言えます。


全労済のマイカー共済では、補償を限定したり、ABS装着車割引やエコカー割引、それに福祉車両割引や新車割引などがあります。

こうした、割引制度は組合員の自動車保険にかかる経済的負担を減らすことになり、上手にこういった割引を使っていくことが大切です。


全労済のこくみん共済は、安い掛け金の保険であり、医療終身保険以外は毎年割戻金があります。医療終身保険の割戻金は積み立てられます。例えば、大型タイプに加入するだけでは、85歳まで加入することは出来ません。医療終身保険の掛け金は、加入時の掛け金が一生引き継がれるのも嬉しいことです。


全労済の中で、最近人気があるのが年金共済です。

最近では色々な保険会社にも年金保険が登場しています。全労済の年金共済の特徴は、終身年金が受け取れることです。つまり、一生涯にわたり年金が受け取れるようになっています。健康状態にかかわらず、加入できて、万一の時も必ず年金が受け取れます。
posted by Ken at 06:39 | Comment(7) | TrackBack(0) | お金の悩み
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。