30代独身男性の悩み

2007年07月25日

任意整理という借金整理の方法

30代独身男性のお金の悩み、ブラックリストの話を先回書きました。

次は多額の借金がある場合の、債務整理の一つの方法として、任意整理について書いてみます。

借金の返済が不可能と判断される場合、借金の減額、返済条件の緩和(述べ払いなど)の任意整理とするか、自己破産をする方法があります。

任意整理の場合、一定の収入があり、利息制限法に基づいて債務額を確定して、債務者の収入の中から3年〜5年で返済できるかどうかが一つの目安となります。これは、裁判所を通さず弁護士や司法書士を介して行います。


任意整理のメリットは、弁護士・司法書士に任意整理を依頼すると債権者に受任通知書を送りますので、通常は通知が届けば債務者への請求は止まります。

利息制限法を超えている不法利子で支払った利子を、「元金を返した」として再計算し直すため、大幅に借金が減ること、多くの場合、残金の返済に関して将来利息(今後の利子)を免除してもらえる可能性が高いこと…があげられます。

デメリットは、自己破産、個人再生手続きにも共通していえることですが、個人信用情報機関(いわゆるブラックリスト)に登録されますので、約7年間くらい、借り入れ等が出来ません。


さて、グレーゾーン金利ってよく聞きますね。

利息制限法では、消費者金融や商工ローンを含む金融機関の貸付金利の上限を、貸し出し額に応じて年率15%〜20%に制限しています。しかし、実際に多くの消費者金融会社が採用している金利は、最高29.2%です。

これは、出資法に定められている上限金利です。実は、利息制限法には罰則規定がなく、出資法には、厳しい罰則規定があり、刑罰を免れることができる利息制限法の上限金利年率15%〜20%を超えて、出資法の上限金利である年率29.2%を超えない範囲の金利が、いわゆる「グレーゾーン金利」と呼ばれるものです。

本来、このグレーゾーン金利は支払う必要がありません。しかしながら、国民生活センターの調査によると、多重債務者の95%がこの事実を知らず、大半は利息制限法を超えるグレーゾーン金利で払い続けていた、と言われています。この本来払う必要のなかった金利を返してもらう手続きが任意整理なんです。


任意整理は、その後の全ての手続きを弁護士、司法書士にまかせることになるため、慎重に信頼できる弁護士や司法書士を探すべきです。

依頼をする時は、「費用がどれぐらいかかるか」「途中経過は知らせてくれるのか」などをしっかりと確認し、契約書もしっかりと目を通すようにして下さい。

多くの場合、サラ金業者は25%〜29%の利息でお金を貸しています。利息を約18%以上取っている債権者との取引を、計算し直すと、元本も利息も全て支払い終えており、その後も支払いを続けている場合があります。

この過払い金は、債権者に対する返済に充てたり、弁護士・司法書士報酬に充てることで、その後の返済を楽にすることができるのです。
posted by Ken at 21:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | お金の悩み

ブラックリストもしかして?

30代独身男性に多い悩みの一つが、お金の問題です。

収入が不安定なために、結婚に踏み切れないという場合も少なくないですね。収入が不安定どころか、多くの借金を抱えている場合もあります。

すでに多くの消費者金融から借金があり、ブラックリストかも(?)という人もいます。

ブラックリストとは何かというと、よく「ブラックになるとお金が借りれなくなる」と言われますね。消費者金融においてブラックとはブラックリストに掲載されることを指し示しています。

それではブラックリストという名簿は本当に存在するのでしょうか? そして本当にお金が借りられなくなるのでしょうか?


じつは、異動情報と呼ばれるものがあり、これがすなわちブラック、もしくはブラックリストのことを指します。

日本の個人信用情報機関では、債務不履行や延滞になった債権の情報について「異動情報」と呼び、消費者金融の融資において、重要な判断基準となるのです。この異動情報に載っていた場合は、数年間融資が受けられないというペナルティを課している消費者金融がほとんどなのです。


この異動情報に載る、具体的な条件はどのようなものでしょうか? 

これは本来の支払い予定日から「3ヶ月間支払いが滞る」と異動情報が個人信用情報期間に登録されます。その後、延滞を解消し、支払いを済ますと、「延滞解消」という情報が1年間記録として残ります。この情報は5年間「参考情報」として残るため、「延滞解消」したとしても「参考情報」が消えない限り延滞と同じ扱いを受け審査は通りません。


個人信用情報機関に延滞情報が登録されている申込み者は、どのような事情があっても、融資の審査はほぼ通りません。

消費者金融業者は「全情連」と呼ばれる個人信用情報機関に加盟して情報を共有しています。

銀行や信販会社もそれぞれ信用機関に加盟しており、信用機関同士で延滞情報の共有をしていますが、消費者金融の業者は銀行や信販会社の延滞情報は、調べません。逆に消費者金融による延滞情報が載った場合は、信販会社や銀行はほぼ融資が通りません。

金融に対しての知識、借金とか、貯蓄とか、お金に対する知識をしっかり持つことも、30代独身男性には願われているように思います。

posted by Ken at 21:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | お金の悩み

30代、転職の最後のチャンス?

30代の男性であれば、転職を考える人もいるでしょう。独身の人のみならず、所帯持ちならなおさら、転職は30代が最後のチャンスと、深刻な悩みではないでしょうか?

転職理由としてよく耳にするのが、給与面に対する不満足で、転職理由のランキングでも常時トップをキープしています。

リクナビNEXTでは「退職理由のホンネランキング」を紹介していますが、仕事自体に満足感を得ることができない、あるいは上司とうまくやっていけないなど、現在の職場で何らかの深刻な問題を抱えている場合に、転職を決断するケースが多いことがうかがわれます。


転職理由によって転職に成功するか、失敗するかが決まるとよく言われます。しかし、実際のところはどうなのでしょうか。

自分の能力を伸ばしてキャリアアップしたいと思う人は、それなりの心構えや準備をして転職しますから、転職後のミスマッチが少なくなります。逆に不平・不満が引き金になる転職は現状から逃れたいあまり、転職することばかりにこだわって十分な準備期間を取らずに行動してしまい、転職後に後悔することがよくあるわけです。


なぜ自分が転職を希望しているのか、本当の自分の気持ちに気がついていない場合もあります。自分では前向きな理由をあげていても、潜在意識では現状に不満を抱えていて、そこから逃げ出したいと思っているのかもしれません。

自分の気持ちを冷静に判断し、一番強く思っている転職理由をもう一度考えてみることです。もしそれが今の仕事や会社に対する不満であるなら、転職せずにその問題を解決することができないかを考えてみることも重要です。


仕事に就くということは、生活が安定するということです。足が地について働くことができなければ何事もうまくいきません。意に反する転職を繰り返す悪循環に陥ると生活の潤いがなくなってきます。

転職に一歩踏み出す前に、頭の中にある転職理由が本当に妥当なものであるかどうか、今一度考え直してみてはいかがでしょうか。それでもなおかつ転職する気持ちに変わりがないのなら、前向きな転職理由に変わる様に心掛けることですね。
タグ:転職
posted by Ken at 21:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 失業・転職

ワキガの悩み

ワキガは、わきの下から出る臭いが、鼻につく特徴的な匂いで人に不快感をあたえてしまうことです。30代くらいの独身男性で、自分でもなかなか気づかずに他人に迷惑をかけてしまうということもありますね。

ワキガの原因はアポクリン腺からの汗が原因なのですが、アポクリン腺の分泌物そのものは臭いません。アポクリン腺の分泌物が皮脂腺からの脂肪分やエクリン腺からの汗と混ざって、雑菌がそれを分解することでワキガとなります。また、脇毛が脇に汗などを止め、臭いが出やすくしています。


ワキガの治療法には次のものがあります。
1.制汗剤による薬物治療。制汗剤は、殺菌作用があるため、雑菌を殺し、汗などが分解されるのを軽減することによりワキガの臭いの発生も軽減させるものです。ワキガの軽度、中度の人は制汗剤による治療で十分です。

2.脇毛の処理。脇毛の処理をすることにより、脇に汗などを留めるのを防ぎ、ワキガも軽減出来ます。また、制汗剤の治療と併用することにより効果が増します。

3.皮下組織吸引法。脇にごく小さい穴を開け細い管を挿入し、汗腺類の組織を吸い取ってしまう方法です。入院の必要がなく、今のところ、ワキガの手術の主流となっています。ただし、皮下組織吸引法は、重度のワキガの人には効果が薄いという報告もあります。

4.超音波法。脇の皮膚を数ミリ開いて、そこから超音波発生器を差し込んで汗腺を破壊し、吸引するという治療方法で、現在最先端の方法です。他の手術より優れているといわれていますが、技術的に信頼できる医師を見つけることが大切です。最先端の医療のために、この治療設備が整っている病院がまだ少ないという現状にあります。


以下、ワキガのクリニック選びのポイントです。

1.わきが手術としてどんな手術が行なわれているのか。
2.超音波わきが手術を受けることができるか。
3.カウンセリングを重要視しているか。
4.インフォームド・コンセントがきちんと行なわれているか。
5.術後のアフターケアをきちんと行なっているか。
6.費用などについても事前にきちんと説明してくれるか。ワキガは焦る何も必要はありません。自分で足を運び、信頼できるクリニックを探すことが大切です。
タグ:わきが
posted by Ken at 16:14 | Comment(0) | TrackBack(1) | 健康の悩み

失業保険、失業手当

30代男性の悩み、一番は仕事ですね。失業することだってあります。

失業してしまった場合、まずまっさきにやらなければいけないこと、それは、ハローワークで失業保険の受給手続きをすることです。

失業をしてしまったら、これからの収入の確保が問題となります。以前勤務していた会社が雇用保険を払っていた場合、失業手当を受け取れる権利がありますので、まずはハローワークに必要書類を持って、早めに手続きをするようにしましょう。

失業保険ですが、この失業手当のことを正しくは基本手当といいます。基本手当を受けられるのは、失業の状態になる場合のみです。ハローワークが定めている失業の状態とは以下の通りですので参考にしてください。

失業の状態とは
・積極的に就職をしようとする意思がある。
・いつでも就職できる能力(健康上、環境上)がある。
・積極的に就職活動を行っているのにもかかわらず、職業に就くことができない状態 である。

これら全てに当てはまる人が失業の状態にあると認定されます。

失業している状態である人は、積極的に求職をしている状態であることが条件です。

仕事探しに専念できるために、失業している日に支給される手当が基本手当なんですね。仕事がない状態であることだけが、失業の条件ではないのです。
タグ:失業
posted by Ken at 08:09 | Comment(1) | TrackBack(1) | 失業・転職
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。